通信制大学でとれる資格と挫折しない方法!

こんなにある、通信制大学でとれる資格

働きながら資格を取りたい人、学費をできるだけ抑えたい人、精神的な理由で通学制の学校に通えない人にとって、通信制大学は自宅で自分のペースで学べる最適な学習方法です。通信制大学は2年間の短期大学制と4年間の大学制の2つの種類があります。通信制大学では様々な資格が取得できます。文系資格が中心です。精神保健福祉士や社会保険福祉士、言語聴覚士の福祉系資格や保育士、学校図書館司書、司書、小中高等学校教員免許、日本語教師などの教育系資格、臨床心理士、認定心理士などの心理系資格、ファイナンシャルプランナー、税理士、社会保険労務士などのビジネス系資格、建築士の資格などを取得することができます。

通信制大学のメリット

通信制大学で学ぶことで自分のキャリアアップにつなげることができます。通信制大学では、高校をしたての若者ばかりでなく、社会人も多く学んでいます。通信制大学ではスクーリングを実施しているところが多いので、スクーリングで出会った同じ通信制の学生と交流することで新たな人脈も築くことができます。社会人として違うバックグラウンドを経験した人達が集まるので刺激があります。通信制大学は施設費などがかからないので、入学金や年間の授業料など学費が通学制の場合より抑えられます。

通信制大学で学ぶ上で注意すべきこと

通信制大学は通学制と違って自分のペースで学ぶためついさぼりがちです。以前は卒業率10%~20%という大学も多かったようです。現在では卒業率60~70%の大学も増えてきました。現在はインターネットを使って授業を行う大学が増えています。インターネットでメールでのやり取りも多くなるので、怠けることなく勉強がはかどります。生徒のモチベーション維持のためのサポートが充実している大学もあるので、大学を選ぶ時に注意して選びたいです。

通信制大学の大きなメリットは仕事や子育てなどをしながら、つまり日常を変えることなく講義を受けることができるというところにあります。

You may also like...