相続は知識をつけることが大切!生前贈与って一体何?

きちんと相続について理解しよう

よくドラマで、相続が何だのと揉めて、事件が起こる展開がありますが、そもそも相続とは一体何処までの事を指すのでしょうか。相続とは、人が亡くなった時に、その人がもっている財産的な地位を、その人の子どもや妻などの、一定の身分関係にある人が受け継ぐという意味を持っています。ですので、引継ぐ財産には土地や建物、持っている預貯金だけではなく、債権なども相続の対象になるんです。ですので、たとえ財産を沢山持っていたとしても、その分沢山の借金を抱えていたら、きちんと考えた上で相続を決めなくてはいけなくなります。

生前贈与って一体何?

生前贈与とは、自分がもっている財産を無償で相手に与える事を言います。その中でも、相続対策を目的とした、個人から個人への贈与の事を指しますので、一般的には親族間の贈与になり、事前に贈与をする事で、相続税対策や遺産分割対策を目的としています。ですが、生活費や教育費などの援助ともいえるお金は、生前贈与とは言いませんので気を付けましょう。万が一その生活費や教育費を使わずに取っといていた場合には、贈与税の対象になる可能性がありますよ。

生前贈与は、契約である事に気を付けよう

生前贈与は、贈与する人が「あなたに差し上げます」と言って、受け取る人が「ありがとうございます。確かにもらいます」という、お互いの意思表示で成立してしまう契約です。ですので、口頭でも成立してしまうのが、落とし穴になってしまいます。後で言った言わない、貰ってないというトラブルが起こらない為にも、贈与契約書をきちんと交わして、形として残すことをおすすめ致します。以上の事に気を付ければ、生前贈与をしても問題はありません。親族間でトラブルの無いようにしましょう。

遺産相続で遺言を残す際は、必ず弁護士などの法律の専門家に相談しましょう。有効な遺言を書くためのサポートを受けられたり、複雑な手続きを代行してもらうこともできます。

You may also like...